御骨

大切なペットの葬儀

家族として共に生活をしてきたペットが亡くなると、大切に扱うために葬式を挙げる人も増えてきています。近年では専門の業者も増え、ペット火葬をどう処理するかが問題になっているようです。基本は火葬場に移動するのですが、小型のペットには移動火葬車を利用して自宅で全てを済ませるのが人気となっているようです。

飼い主と動物

ブルブル震えないように

トイプードルの被毛はシングルコートなので、寒さが苦手です。屋外へトイプードルを連れて行くときは、専用の服を着せてあげる事が重要です。屋内では、保温性のあるマットを敷いてあげたり、ゲージ内外を毛布で保護してあげると良いです。

ペットの皮膚の病気の対処

動物病院

ペットの皮膚の病気の症状

犬が最も罹りやすい病気が「皮膚病」とされています。ただし一言に皮膚病といっても、発症の原因は様々であり、その原因によって現れる症状も大きく異なります。まず、出血に至るまで体を「掻き続ける」場合は、細菌またはカビの感染、ノミの寄生、ハウスダストによるアレルギー反応などが原因として考えられます。ペットの犬がしきりに体を掻き続けていたら、一度動物病院で検査を行っておくことをお薦めします。また稀にですが「ストレス」が原因で体を舐め続け、過度に皮膚を舐めることで皮膚病となる犬もいます。この場合皮膚病自体を治しても、原因となっているストレスを特定し、環境改善を行なわないことには何度も再発、または重症化してしまうので注意が必要です。室内犬に発症が多いのが特徴で、「運動不足」がストレスの根元である場合が殆どとされています。可能な限りこまめに散歩や屋外で運動を行うことで、再発や重症化の予防が可能とされています。次に、皮膚から「膿」が出ている場合は、皮膚への細菌の感染、または外傷部から体内への「細菌の侵入」が原因であることが殆どとされています。犬がケガなどをした場合は、すぐに外傷部を洗い流し消毒を行うことで予防が可能とされています。そして皮膚に「発疹」が現れた場合は、細菌の感染による炎症、ハウスダストや皮膚に合わないシャンプーによる「アレルギー反応」が原因とされています。発疹の症状が現れたら、早期に動物病院を受診し発症原因を明確にすることが重要です。ハウスダストが原因の場合は、こまめに室内の清掃を心掛け、シャンプーが原因である場合は、獣医に皮膚に合ったシャンプーを選んでもらうようにして下さい。

パピヨン

活発で行動的な犬

蝶のように垂れ下がった耳を持っている犬が、パピヨンです。活発で行動的な犬で、飼い主がしっかりと育てていけば、我慢強く知的な犬に育っていきます。長い耳を持っていますので梅雨時などは、外耳炎に注意が必要です。